型枠の求人なら株式会社中輝工務店 | 千葉 型枠工事 型枠大工 松戸 柏 建設業

型枠の求人なら株式会社中輝工務店

型枠工事とは
HOME > 型枠工事とは > 型枠工事とは

型枠工事とは

  • 型枠大工の仕事

    型枠大工の仕事

    型枠工事とは、まず鉄筋が組み込まれた廻りを設計図どおりに木材などで
    器(梁・柱など)を作り、その器にまだ柔らかい液状のコンクリートを
    流し込み、ある一定時間が経ってコンクリートが固まってから
    枠を解体し、コンクリートの形状ができるまでのことをさします。
    簡単に言うと、プリンの容器を作る仕事です。

    枠を組む職人を型枠大工、枠を取り外す職人を型枠解体工と呼びます。
    型枠大工は、近年では電動ドリル、電動丸ノコ、釘打ち機などの電動工具が
    主流になり、図面の拾い出しもCADの使用が増えています。

型枠大工工事の流れ

  • 1. 子墨出し・敷桟木

    子墨出し・敷桟木

    施工図面に沿って、型枠を組立てる柱・壁などの位置を現場に墨で打ちます。
    一般的に線や印を付ける時に墨壺を使用するので「スミ(墨)出し」と
    呼ばれます。

    墨出し後、墨を打ったところに合わせてコンクリートに対し、
    真っ直ぐにコンクリ釘で桟木を打っていきます。

  • 2. 建込

    あらかじめ加工しておいた枠を、墨出しした墨に合わせて組み立てていきます。
    型枠は建物の精度と強度を必要とされるので、組立中は水平・垂直に組まれているかを常に確認します。
    この作業の善し悪しによって、建物の出来が決まるといっていいくらい、重要な作業になります。

  • 柱建込の様子

    柱建込の様子

  • 柱建込の様子

    柱建込の様子

  • 壁建込の様子

    壁建込の様子

  • 3. 梁・スラブ型枠組み

    建てた柱に壁を建て込み、梁を架けていきます。

    スラブとは天井・床のことを言います。
    スラブ貼りの作業後、鉄筋業者の方がスラブの上に鉄筋を組んでいきます。

  • 穴あけの様子

    穴あけの様子

  • 梁架けの様子

    梁架けの様子

  • スラブ組みの様子

    スラブ組みの様子

  • 4. 固め

    固め

    すべての型枠が組み終わったら、流し込まれるコンクリートの圧力に耐え、
    正確な形になるように各所点検しながら、必要な箇所を固めていきます。

    これにより、コンクリートを流し込んだ時の圧力で
    型枠がくずれたり歪んだりするのを防ぎます。

  • 5. コンクリート打設

    コンクリートを型枠に流し込みます。
    流動性のあるコンクリートを流し込むため、型枠にかなりの側圧がかかるので、打設中は常に注意を払い、
    型枠の点検を行います。

求人募集中!

株式会社中輝工務店

〒277-0942
千葉県柏市高南台2-28-7
RADISHI103 [ MAP ]
TEL:04-7199-8839
FAX:04-7199-8865